お問い合わせアップ!ビジネス用プロフィール写真の撮影場所は?

どうもこんにちは。
スギタカメラの杉田(@sugitacamera)です。


先日、プロフィール写真の撮影場所に悩まれているというご相談を受けました。

 

プロフィール写真って、迷って迷ってお問合せをすることが多いですよね。
日常的に撮影できる自撮りと違って、プロに頼むので、失敗したくないと思います。

 

そこで、プロフィール写真を撮影する時に、どういう場所を選ぶと良いかのポイントを挙げます。

 

撮影場所でブランディングする

 

撮影場所で悩まれる方は、ご自身のお仕事のイメージやテーマを考えてみると良いです。
例えばこの方は、「お花の写真が得意なカメラマン」なので、お花とカメラをテーマに写真を撮りました。

 

 


場所は、広島市の縮景園での撮影です。
縮景園は季節のお花がたくさん咲く場所なので、綺麗ですね。

 

仕事のテーマやイメージを表現できる場所を選ぶことがポイントです。
お客様となる人、いわゆるターゲットに、「自分はこんな人です。」「これをやっている人です。」と写真1枚で表現出来たら最高ですね。
とても分かりやすいお店の看板が作れたのと同じことなのです。
プロフィール写真一つでお仕事の依頼が変わります。

ペットの写真や、プライベート感の強い写真になっていないか


昔、独立した当初は、Facebookのプロフィール写真にこの写真を設定していました。

 

 

猫が好きなのと、自分の顔出しが恥ずかしかったので、この写真を設定していました。


この写真で、カメラマンという職業が想像できますでしょうか?
自分の「好き」を優先したために、職業がイメージできない写真を選んでいました。
この時点では、お客様の事は何も考えていません。

 

猫が好きな人。という認識しかしてもらえませんでした。
本当にプロのカメラマンか?という質問もされたことがあります。
つまり、自分の職業や仕事内容がお客様にわかるような写真の設定が必要です。

 

ターゲットにありのままを見せる

 

ターゲットにどう思われるか、を考えプロフィール写真の場所を決めていきましょう。
サロンや店舗を持っている方は、普段お仕事をしているサロンや店舗内で撮影をした方が良いです。

 

その方が、お客様のイメージにずれが生じません。

 

固定の仕事場を持っていない方は、お仕事のイメージにつながりやすい場所が良いです。

 

私の場合、ロケ撮影が多いので、撮影スポットとしてよく活用している近所の公園で、カメラを持った姿を撮ってもらいました。
お客様のイメージとズレがなく、何をしている人かというのもわかりやすくなりました。
Facebookのプロフィール写真を見てお仕事のお問合せを下さるお客様も増えました。

 

ターゲットとなる人に普段のお仕事イメージに近い写真を見せる。
これが、ビジネスプロフィール写真のポイントです。 そういう観点で撮影場所をチョイスされると良いですよ。

それでも悩む方はご相談ください


お仕事内容やご希望のイメージ等をヒアリングいたしますので、最適な場所を一緒に選びましょう。
ビジネス用のプロフィール写真は、ターゲットに見てもらう、お客様のための写真ということをお忘れなく~。

contact
お問い合わせ

プロフィール写真撮影、結婚式やイベント・パーティーの撮影
猫・その他ロケ・出張撮影の関してお気軽にご相談ください。

このサイトを広める