スタジオからロケへの乗り換え撮影が増えている事実

どうもこんにちは。
スギタカメラの杉田(@sugitacamera)です。

 

プロフィール写真をご依頼される方には2パターンのお客様がいらっしゃいます。

 

①初めて撮影に挑戦するお客様

②スタジオ撮影からの乗り換え

 

上記2パターンが多いです。

 

まれに、他の個人のカメラマンさん(私のようにロケ撮影メインの)からの乗り換えもありますが、それは結構稀なので、割愛しますね。

 

特に最近では、
②のスタジオ撮影からの乗り換えパターンが非常に増えております。


今回は、「スタジオで撮影したけど微妙だった。」と思っている方とスタジオ撮影とロケ撮影で迷っている方に向けた記事です。
該当の方はぜひ最後までお付き合いくださいね。

 

 

スタジオ向きの撮影とメリット

 

杉田は元々スタジオカメラマン出身です。
なので、スタジオの良さも悪さも分かります。
お客様からのお問い合わせ段階でスタジオ向きな撮影依頼だと判断したらスタジオさんが良いですよと素直に言います。

 

でも、お客様は判断が難しいので、迷われますよね。

 

スタジオ向きの撮影はこんな撮影です。

 

○モデルやカチッとする場に提出する宣材写真
○ライティングをバチバチに決めて欲しい撮影
○特別感・節目感を特に出したい集合写真
○撮影小物をガッツリ使った撮影
○ヘアセットメイク(時には衣装まで)をバッチリしたい撮影
○赤ちゃんや小さいお子様の記念撮影(ロケと半々くらいかも)

 

 

なんと言いますか。
とにかくきっちりかっちりバッチリした撮影はスタジオ撮影が向いています。
赤ちゃんや小さいお子様の写真は、スタジオだと室内で危なくないという安全性からですね。
他のスタッフの目があって安心だし、天候に左右されず怪我の心配も極めて低いです。

 

 

七五三や成人式などの撮影は、
衣装やヘアセットメイクが全てついて
かなりお安くキャンペーンを打っているスタジオが多いです。
なので、そういう撮影はスタジオの方が向いているかなーと思っています。

 

 

↓こんな撮影がご希望ならスタジオがオススメ。
 スタジオカメラマン時代に撮影したものです。

 

まとめますと、スタジオ撮影のメリットは

真面目な雰囲気を出しやすい
堅い場所に提出する用の撮影に向いている
年配からの受けが良い
イベント撮影はキャンペーンが打たれるので安い
子供は特にレンタル衣装が可愛い


といったところでしょうか。

少しずつ風潮が変わっているとは思いますが、まぁこんな感じです。

 

 

ロケ撮影に乗り換えをされるお客様の声

 

スタジオさんは、概ね社員教育がしっかりしており
カチッとした写真をしっかり撮ってくれます。
なので、スタジオ撮影をご選択されるのは間違いじゃないというか大正解だと思うんです。

 

なのに、なぜスタジオ撮影からの乗り換えが発生するんでしょうか。

 

乗り換えを決めてくださったお客様の何名様かが、参考にとスタジオで撮影した写真を見せてくれたことがあります。

 

 

正直

「あーー…これは撮り直したいですね。」
っていう写真です。

 

失礼を承知で物申すのですが、

▶︎魅力的な表情を引き出せていない
▶︎全体的に古ぼけた印象
になっていることが多いです。

 

 

乗り換えられるお客様が口を揃えていうのが
なんか…微妙じゃないですか?
という一言。

 

 

「微妙」っていう言葉の中にいろんな意味が混ざっていて
結構重い意味をもった「微妙」だと思っています。

要するに、思った以上によくない写真が仕上がってしまったと。

 

 

 

スタジオのデメリットとしては、写真に古臭さが乗ってしまうことがあるという点が挙げられます。
もちろんスタジオによりますので、全然そんなことないスタジオさんもたくさんあります。

 

 

表情に関しては、色々理由があります。
よく当てはまるのが以下の3点。

▶︎カメラマンとの相性が悪かった
▶︎当日のモデルさん(撮られる側)のコンディションが悪かった
▶︎緊張しすぎ

 

 

特に、緊張しやすいお客様はスタジオ撮影は向いていません。

 

 

↓左が杉田です。150cmのちっこいカメラマン。
 ちっちゃいから、緊張しなかったっていうお声をいただいたことも(笑)

ロケ撮影向きの方の特徴とメリット

 

ロケ撮影向きの方は、意外かもしれませんが
緊張しやすい方/撮られ慣れていない方
なんです。

 

 

慣れてる方はどこで撮っても正直変わりません(笑)

 

 

外の撮影は人目が気になって恥ずかしいよ。と言われる方も多いのですが、スタジオ撮影の緊張感と比べるとびっくりするほど緊張が解けやすいです。

 

 

スタジオ撮影は、人目がない分めっちゃ緊張します。

 

 

いろんな機材にたくさん囲まれて、ほぼ密室でスタッフに見られて、ポージングの指示を機械的にされて(機械的なところが多い)ストロボビカーーーっとなって。

 

一人でテレビ局に乗り込んでるみたいな感覚です。

 

 

緊張しやすい方は、過呼吸になる方も昔いました。
怖がりな子供は、機材が怖くて泣きじゃくるなんてことも。

 

 

それくらい特殊な空間なので、緊張しやすい方は緊張が解けないまま撮影が終わってしまうことも。
だから、「なんか微妙」な写真に仕上がりやすいんです。

 

 

 

ロケ撮影は、スタジオのようなかっちり感が
出せないことがデメリットではありますが、
その代わり
自然体でリラックスした、垢抜けた写真に仕上がりやすいです。

 

人柄重視の今の時代には結構合っている撮影だと思っています。

 

 

まとめ

 

スタジオ写真で不満だったお客様には、どのような点が不満だったかをお伝えいただければ、基本的にはその不満点を改善した写真を提供させていただくように尽力しています。

 

お見せ頂ける方には見せていただいた方が、イメージが膨らむので助かります。

 

 

写真は一度撮影するとしばらく使うものなので病院のセカンドオピニオンのように
「スタジオが微妙だったから次はロケに。」
っていう軽い感覚でも良いと思っています。

 

表情の引き出しに関しては私が得意としているところなので、その辺はお任せいただけますと幸いです!

 

 

それでは、今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
また次の記事でお会いしましょう!

contact
お問い合わせ

プロフィール写真撮影、結婚式やイベント・パーティーの撮影
猫・その他ロケ・出張撮影の関してお気軽にご相談ください。

このサイトを広める